UA-102350941-1339999zm

椎間板ヘルニア

背骨1個1個の間にある椎間板と言うクッションの役割をしている物に力が加わり椎間板か潰れ飛び出して神経を圧迫しているものを言います。


病院に行ってレントゲンを撮ってこんな写真を見せられて

「あなたの腰は椎間板が潰れて神経を圧迫してるから腰が痛くて足も痺れてるんですよ。治すには手術が必要です。」

なんて言われたら本当に怖くなりますよね。

でも本当は、腰の椎間板が潰れて神経を圧迫しても

・痛みも出ません

・痺れも出ません

なぜなら

神経は痛みや痺れを脳に伝える為の導線であって
神経自体に痛みや痺れを感じる働きはありません。

ではなぜ痛みや痺れが起こるのか?

それは痛みや痺れが出ている所への血液の流れがブロックされて筋肉や筋膜が硬くなって

痛みを発生させる分質がたまり痛みが出て

血液が行かなくなったことで痺れが出ています

正座をした後に足が痺れるのと同じです。

実際に、背骨の中で神経を圧迫しても痛みも痺れも出ないという研究結果も出ています。

なので必ずしも100%ヘルニアが原因ではないのです。

実際、私が診た患者さんでヘルニアの方もいましたが痛みが仙腸関節の調整で取れたり、足の痺れが首の調整で取れた方もいます。

その後、再発はしていません。

なので見せられたレントゲンの結果にそれほど恐怖を持たないでください。

その気持ちが余計にあなたの腰痛を悪化させる原因になるからです。

ただし次のような方は直ぐに専門の医療機関へ行ってください!


・急性期の痛みの強いとき

・排便、排尿に障害が出ている

・サドル麻痺(自転車に乗ってお尻にサドルが当たる部分に感覚障害)がある

powered by crayon(クレヨン)